ライン
トップページ
継続教育の取得単位って何?
セミナー申し込みの注意事項
ライン
お問い合わせ
お問い合わせ
継続教育専用:03-5803-2167
運営:エフピー研究所


【好評追加開催】高齢者のFP相談が激増!介護・認知・老人ホーム選びのアドバイスポイント

今は4人に1人が65歳以上の超高齢社会。2035年には3人に1人になると言われています。介護離職の問題はいまだ健在し、老後のマネープランを考える余裕もなく高齢期に突入、いきなり始まる親の相続や介護で家計状況が急転する人が大勢います。

誰もが直面する老後。自分だけは大丈夫、でしょうか。

長くなった老後の時間、マネーの不安に寄り添える専門FPは、まだまだ少ないと感じます。

今回講師をしてくださる福本氏は海外赴任の経験もある、長い記者生活を経て、2015年にFPとして独立した方。
これまでの国際政治記者としての知見や経験から、グローバルな視点で日本の高齢化問題を捉え、独特の視点で語ります。

また福本氏はFPとして独立後、高齢期の介護をメインに、お金ときっても切れない住まいと介護の関係についても相談・講演を多数開催されています。自ら施設・介護の現場に入り、困窮する高齢者のライフプランにも関わってきたご経験を、記者として培った分析眼で、わかりやすくお話していただきます。

FPとして、不安を抱える高齢期のお客様に寄り添い、役に立ちたいという熱い想いで相談に応じているその姿勢が、高い満足度につながり、多くのファン(リピーター)を惹きつけている福本氏。

今回のセミナーでは、これから高齢期の方を対象とする相談業やセミナーをしていきたいというFPの皆様へ向けて、その高い支持を得ている秘訣もたっぷりと教えていただきます。

********講師からのショートメッセージ*******

わたしのビジネスは、FPにとって収益性の高い保険や住宅ローン、不動産などの商材をメインとして扱いません。実践しているのは、長期的視野と顧客目線を持ち、使えるツール(FP名人)をフル活用して顧客(高齢期のマネープランに不安を抱える方)の利益を追求する、原点回帰のFPビジネスモデルです。数多くいるFPの中で、特に高齢期のマネープランに寄り添える専門FPへ特化したいと考えています。

以前はマスコミの内部にいて、世の中へ情報発信する立場にいました。これからは、受け手がその氾濫する情報をいかに選別し、正しい情報はどこにあるのか見極めるヒントをお伝えしていきたいと思っています。

FPとして、高齢期のマネープランに何ができるか共に考え、巷にあふれる介護や施設情報の中から何が真実で、何がでたらめか、選別できる目を養えるようアドバイスいたします。

そうしたスキルの醸成と鍛錬が、FPとしての差別化・相談の質向上という貴方のFPとしての成功へつながっていくと確信しています。

一緒に実り多い時間にしましょう。
当日、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

カリキュラム

はじめに
1.人生100年時代のリスク~マクロ・ミクロの視点でみる現状~
2.家族に介護の恐れがあると感じるきっかけ~今思うあのとき感じた違和感、その兆候とは~
3.老後に実際いくらかかるのか~介護がいざ始まって大慌てするのはこんな人~
4.自宅に住み続けるための3つのアドバイスポイント~やっぱり最期は自宅がいいが多数派です~
5.施設入所を判断するタイミング~まじめな家庭ほど陥りやすい失敗例とは~
6.施設選びの3つのパターン~1)一般コース、2)エコノミーコース、3)富裕層コース~
7.資金が足りない人は~必ず知っておきたい制度のメリット/デメリット~
8.施設選びの流れとポイント~入所後に後悔しないための見極めポイント教えます~
9.入りたい施設に入る技術~アピールポイントを押さえましょう~
10.認知症への対応策~脳の元気度チェックをやってみよう~
11.高齢者の生活保護のリアル~他人事と思っていませんか~
終わりに



↑ページトップへ戻る